RYZE,先物取引,投資,資産運用

なんの商品を扱ってるの?

ここではRYZEで

  • どんな商品を扱ってるか?
  • どんな物で、どんな注意点があるのか

についてお話をさせて頂きます。


先物取引と聞くと、テレビのCMで見る
『純金』だったり、『プラチナ』だったり
高価なイメージがあるかと思います。

しかし、RYZEでは比較的低い金額から
先物取引が始められます。

では扱っているものをお話していきます。
(内容は2019年5月29日現在のものです)

1.医療大麻

RYZE,先物取引,投資,資産運用

まず一つ目は『医療大麻』です。

大麻、と聞くと

「えっ……?」

と思う方も多いかと思います。

日本の法律上認められておりませんが、
カナダやイギリス、アメリカの一部、
オランダやドイツ等では合法です。

お隣の韓国でも、てんかんやエイズ、
がん関連の治療に効果が認められ、
解禁されました。

それでも抵抗ある方もいるかと思いますが
医療大麻はそういう物とご理解ください。
先物取引しても捕まることはないです。

RYZEで医療大麻を選択して取引をする際、
1ロットが1000RYZE+管理・手数料です。
1000RYZEとは1000NSGと同じです。
管理費等を含め合計が1011RYZEです。

1ロットのみ選択することができます。
数日間ロックされる等は特にありません。

1回の取引で8 RYZEの手数料をもらえます。

流れとしてはAIが12時間で買いを行い、
完了後、24時間で売りを行い取引が終了。
1クール36時間となります。

2.カジノ

RYZE,先物取引,投資,資産運用

日本では違法とされてきていましたが、
2016年12月に「カジノ法案」が成立し、
国内に誘致されると注目されていますね。

ギャンブル依存や治安悪化などの懸念で
反対意見が多いようです。

政府は大きな目的として、
観光客を集め、日本経済を活性化させる!
ということを目指しているのでしょう。

候補地として有力なのは神奈川や大阪、
さらに長崎も挙げられています。

日本政府がどう目的を大きく達成して、
懸念事項にどう対策するか注目ですね。

さて、本題ですがRYZEでの取引にて
カジノを選ぶと、医療大麻とは異なり
ロット数を選ぶことができます。
下表の通りです。

ロット 価格
(手数料など
含めた合計)
拘束
期間
一回毎の
取引利益
1ロット 500
(501RYZE)
7日 0.5RYZE
6ロット 3,000
(3,006RYZE)
90日 6 RYZE
10ロット 5,000
(5,010RYZE)
180日 15 RYZE
20ロット 10,000
(10,020RYZE)
360日 40 RYZE

カジノの場合、拘束期間があります。
拘束期間中は操作ができません。
終わるまでは自動で取引が続きます。

ただ、取引は勝手にしてくれるので、
医療大麻のように毎日ログインして、
取引のボタンを押さなくてもいいという
メリットはあります。

取引の流れは、4時間で買いを行って、
24時間で売りを行います。
1クール28時間で行われます。

1ロット、7日間の拘束期間であれば、
取引が28時間なので6クール運用できます。
0.5RYZE×6=3.0RYZEの利益になります。

ご自分の運用できる資金量に合わせて
運用することをお勧めします。
決して無理はしないでくださいね。

余談ですが、1時間毎の利益についても
表にしてみました。

商品名 1クール 1回毎の
利益
1時間当たりの
利益

医療大麻

36時間 8 RYZE 0.22 RYZE
カジノ
(1ロット)

28時間

0.5 RYZE

0.01 RYZE
カジノ
(6ロット)
28時間 6 RYZE 0.21 RYZE
カジノ
(10ロット)
28時間 15 RYZE 0.53 RYZE
カジノ
(20ロット)
28時間 40 RYZE 1.42 RYZE

ぜひ参考にしてみてください。

現在はこの2種類からの選択ですが、
増える予定もあると聞いています。
また増えましたら記事を更新しますね。